ご挨拶

2020年6月、創業20年の節目で、創業メンバーからバトンを引き継ぎ、三人の代表取締役体制になりました。
この三人ともが、公的機関から職業を開始し、事業で社会を良くしたいという志を持ちつつDIで合流して、ビジネスプロデュースに邁進してまいりました。

超少子高齢化、環境問題、さらに新型コロナへの対応など、我が国は様々な社会課題に直面しており、社会の構造も大きく変わろうとしています。先延ばしになってきた日本の産業構造の転換も、いよいよ待ったなしの状況です。

そのような中で、DIがどのように社会で役立っていくのかについて、全社員の議論の積み重ねを経て、次のように再定義しました。創業以来、取り組んできたDIの存在目的を、「社会を変える 事業を創る」という言葉で、我々のミッションとして明確に定義しました。

そのためには、社会に挑戦者が必要であり、挑戦者を支える事、一緒に挑戦する伴走者となる事が、我々の目指すビジョンです。新しい事業・産業を創るためには、従来の枠を超えて、構想し、戦略を立て、一緒に実現する仲間を集め、一丸となって挑戦することが必要です。これらのことを実践し続ける、唯一無二のビジネス・プロデューシング・カンパニーとして、社会に役立ち続けたいというのが、我々DIメンバーの願いであり、目標であります。

DI =
The Business Producing
Company

Mission

社会を変える
事業を創る。

Vison

挑戦者が
一番会いたい人になる。

Value

枠を超える。

  • 領域の 枠を超えて 構想する。
  • 常識の 枠を超えて 戦略を立てる。
  • 組織の 枠を超えて 仲間を集める。
  • 自分の 枠を超えて 挑戦する。

あらゆる企業の経営で、最も大切なことが、DIの社是に書かれています。
「人々の役に立つ。利益を創出する。成長する。分かち合う。」 挑戦の結果として、社会への付加価値、利益を、各ステークホルダーの皆様と分かち合いたい、同時に、より良くなった社会を、子供たちの世代と分かち合いたいと、切に願っています。

企業・官庁・大学等、あらゆる組織の中には、変化を先延ばしにするのではなく、変革と創造に挑みたい、と志を燃やすリーダーや次世代幹部が必ずいます。組織の枠を超えて、そうした挑戦者達と協力し、社会課題を乗り越える、社会を良くする事業や産業の創造と育成に、一緒に挑戦していきますので、どうぞよろしくお願いします。

代表取締役CEO 原田 哲郎(写真中央)
代表取締役COO 三宅 孝之(写真右)
代表取締役COO 細野 恭平(写真左)

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する