The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 中途入社
  • コーポレート(プロダクション・広報担当)
コーポレート

Suzune T.

大学卒業後、新卒で証券会社に入社
外国債券の決済業務に携わった後、DIに参加

幅広いフィールドで社内外の架け橋へ

新卒では、多くの業界や人々と関わり、社会を支えることができる金融機関に魅力を感じ、証券会社へ就職しました。証券会社では主に外国債券の決済業務を担当していましたが、より多岐に渡る業務を経験したいという想いから転職活動をしていた時にお話をいただいたのがDIでした。
ビジネスプロデューシングカンパニーを標榜するDIは、クライアントの業界やプロジェクトの内容が多岐に渡ります。幅広い業界の知識を吸収しながら、社会を変えるような事業を創る会社の一助となりたいと考え、入社を決意しました。

DIには、クライアント向けの資料作成等を担当するプロダクションチームとして入社しましたが、慣れてきたタイミングで業務の幅を広げてみないかと打診され、現在はコーポレートコミュニケションチームを兼任し、広報・マーケティングやインナーコミュニケーションに関する業務も担当しています。

まずプロダクション業務では、主に顧客への提案書やプロジェクト資料などドキュメントの制作を担当しています。決算のタイミングでは決算資料等の調整を行うなど、社内でも多くのチームと連携しナレッジシェアを行っています。
資料作成では、時間の制約がある中でコンサルタントの求めるアウトプットにより近づける必要があり、コンサルタントと細かくコミュニケーションをとりながら、生産性や正確性を意識し業務を進めています。中でもグラフや図を使ってより良い魅せ方を提案することができ、プロジェクトの受注に結びついた際には非常にやりがいを感じています。
直近では、チームメンバーの育成や、社内全体で使用するフォーマットの改訂に携わっており、クライアントへの提案を含めさらに深い議論ができるよう努力しています。

またコーポレートコミュニケーション業務においては、様々な情報発信を通じ、多くのステークホルダーに対して、DIへの理解を深めてもらうための活動を行っています。
具体的には、テレビや新聞・メディア関係者の窓口となる社外広報、社内各部門の情報を発信する社内広報、プレスリリースやIR情報発信を発信するコーポレートサイトやSNSの管理・運営などを主に担当しています。
社内外へ情報を正しく、タイムリーに発信する窓口となるので、責任が大きい仕事ではありますが、社外からの声に直接触れる貴重な機会になるため大きなやりがいがあります。
また自社のサービスに関する情報を社外へ広めていく過程で、現場の話を聞いたり、インタビューの場に同席したりする機会が多いのも、この仕事の魅力の一つです。今まで知らなかったプロジェクトの背景や特徴などを知ることができ、日々会社への理解が深まっています。

このようにDIではどのような職種でも常に学びを得ることができ、新しいことや興味のあることに挑戦できる環境が与えられています。その中で、自分一人ではやり遂げることが困難なことでも、多くの社員が親身になって協力してくれるので、一つの仕事を仲間と成し遂げることできます。その経験の積み重ねは自分の成長にも繋がっていると実感しています。
DIという新しい環境で、新しいことを学び、共にチャレンジしてくださる方のご入社を心待ちにしています。