採用情報
キャリアパス

印刷する
English

DIの入社後のキャリアは、ビジネスプロデューサー(BP)から出発し、成長と共にマネジャー、執行役員というキャリアを歩んでいくことになります。
但しその内実は極めて多様化しています。戦略コンサルティングのベースを作った後、戦略コンサルタントとしてその道を突き詰める者、コンサルタントとしてのスキルを発揮し事業投資・海外投資に転じる者、成長著しい海外マーケットでビジネスを創出するべく、海外拠点/現地法人の立上げ・マネジメント層に転じる者。個人個人の適性や希望に応じた多様なキャリアの可能性がある、それがDIにおけるキャリアパスの特徴です。
UP o r O UTという機械的な考え方ではなく、上述のように極めて多様なキャリアパスと、それを支える多様な事業領域・柔軟な人事ポリシーがDIにはあるのです。

1ビジネスプロデューサー(BP)

  • 現場の最前線でプロジェクトを推進する存在です
  • 顧客の成長というゴールに向けて、マネジャーのアドバイスのもとで、高い視座で課題を俯瞰しつつ、能動的に事業をプロデュースします

2マネジャー・シニアマネジャー

  • 現場のリーダーとして、プロジェクトチームを指揮する存在です
  • 大きなゴールを意識してプロジェクト全体を設計し、MDP*で構成されるチームをリードしながら、顧客およびチームメンバーをドライブします
  • 併せて、チームメンバーのコーチング、育成も重要な仕事です

3執行役員

  • プロジェクトの総責任者であり、顧客企業の成長にコミットする存在です
  • また、DIの経営チームの一員としてDI自身の成長にも責任を持ち、事業戦略に磨きをかけ、意思決定を行い、実践する役割も担います

* Multi-Disciplinary Practice (各分野プロフェッショナルの融合集団)