採用情報
キャリアパス

印刷する
English

DI入社後のキャリアは、ビジネスプロデューサーから出発し、成長と共にマネジャー、執行役員というステップが用意されています。

その途上で、DIが擁する事業領域の中を行き来しつつ、時には、海外拠点/現地法人の立上げや事業展開、グループ会社/投資育成先企業への出向、新規事業創出・運営など、「ビジネスプロデューサー」としての総合力を発揮し実践できるような、DIならではのキャリア機会が存在します。

1ビジネスプロデューサー(BP)

  • 現場の最前線でプロジェクトを推進する存在です
  • 顧客の成長というゴールに向けて、マネジャーのアドバイスのもとで、高い視座で課題を俯瞰しつつ、能動的に事業をプロデュースします

2マネジャー・シニアマネジャー

  • 現場のリーダーとして、プロジェクトチームを指揮する存在です
  • 大きなゴールを意識してプロジェクト全体を設計し、MDP*で構成されるチームをリードしながら、顧客およびチームメンバーをドライブします
  • 併せて、チームメンバーのコーチング、育成も重要な仕事です

3執行役員

  • プロジェクトの総責任者であり、顧客企業の成長にコミットする存在です
  • また、DIの経営チームの一員としてDI自身の成長にも責任を持ち、事業戦略に磨きをかけ、意思決定を行い、実践する役割も担います

* Multi-Disciplinary Practice (各分野プロフェッショナルの融合集団)