The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 中途入社
  • コーポレート(秘書・採用担当)
コーポレート

榊原 有希菜 Yukina Sakakibara

大学卒業後、鉄道会社に入社。新幹線乗務員及び車掌業務に携わった後、会計事務所を経てDIに参加

ビジネスプロデュースを裏から支える

大学時代、研修施設の事務や議員秘書のサポートをしていた私は“秘書”という仕事は身近で見ていて素敵だなと思っていたものの、乗務関連の仕事に携わりたいと最初は新幹線の乗務員として働き始めました。
VIP対応をすることが多くなってきた時に思い出したのが大学時代、隣で見ていた秘書の方たち。
不規則な仕事だったので体力的にもこのまま続けるのは難しいと思っていた矢先に、やはり秘書のようなサポートする側に回りたいとバックオフィス側への転職を決意。2社目で会計事務所にて勤務していた時にもう少し秘書業務に携わりたいと感じていた時に出会ったのがDIでした。多種多様な案件を手がけているDIだったら秘書として幅広い知識を身につけることができるのではと思い入社しました。
現在、DIでは秘書、採用事務局、総務関連と多岐にわたる業務を担当しています。まず、秘書業務では担当役員のスケジュール調整や出張・会食手配、加えて役員が担当するプロジェクトのサポート業務をしています。採用事務局としては中途採用を担当しており、エージェントや社内での面接調整、応募管理、mtg資料作成、オファー後の対応等をしており、秘書業務と似ている点もあれば異なる点も多く、それぞれのバランスを考えながら仕事を進めています。

DIに入社して想像していた以上に大きなプロジェクトがたくさんあることを、業務を通じて実感。担当役員やプロジェクトをサポートするにあたり、対応することも幅広く、迅速かつ丁寧さが求められることも多いです。
担当役員やプロジェクトのチームメンバーが秘書に求めるであろう次の一手を考えながら仕事を進める必要があり、難しいなと思う場面もありますが、やりがいを感じるところでもあります。
秘書業務や採用業務等の経験を重ねる中で入社した時には気が付かなかった点に気付いたり、スピード感に追いつけたりと3年経て自身の成長を感じる機会も増えてきました。

DIには気さくな人が多く、様々なバックグランドを持った人が、その経験を活かして互いに助け合うところが根付いていると思います。プロジェクトによっては複数の役員で担当することもあり、秘書チーム内でも他の秘書と連携することもしばしあります。その中で先輩や同僚から学ぶことも多く、互いに切磋琢磨できる仲間がいるところも魅力的だと思っています。
DIの“Business Produce”をサポートしたいという方のご参画を心よりお待ちしています。