The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 中途入社
ビジネスプロデューサー

飯野 広大 Kodai Iino

早稲田大学創造理工学部卒業、同大学院創造理工学研究科修了
ジャフコ グループ株式会社を経て、DIに参加

”新事業の担い手”へ

私は学生自体、生産や物流の現場改善や数理最適化等、所謂「既存事業の磨き込み」に関わる分野を専攻していました。
その過程で、正反対の世界である「新事業の創出」に関心を持ち、ベンチャーキャピタルでファーストキャリアを歩むことになりました。

入社後は、自らの志・力量を持って世に事業を打ち出していく、素晴らしいスタートアップとの出会いに恵まれ、日々やりがいを感じると同時に、キャリアという観点においては、資本社会とその中での事業の成否に関して、朧気ながらも特徴を掴めた事が糧となりました。
一方で、日々スタートアップの経営層と接する中で、「新事業の創出」により一層関わりたいという想いは増していき、ベンチャーキャピタリストとして培った経験のレバレッジも視野に、想いを体現できるキャリアを探すことになりました。

そこで、いきついたのがDIです。
まだ、入社をして日が浅い段階ですが、前職の経験を活かしながら新事業創出により踏み込むという、私が取り組みたかった事に、想定以上に関われていると実感しています。
それは、DIは新事業創出に活用できるリソースをフルに保有している事。寧ろ、フル活用しなければならない事に、日々向き合っているからだと感じます。
例えば、「官/民と連携し真にあるべき社会・産業の姿を描く事から始まり、業界を横断しながら新事業を策定し、立ち上げまで伴奏する」といった、大変広範かつ深い検討を行う事になります。

私見ではありますが、DIが上記を体現できるのは、様々なバックグラウンドを持った優秀で前向きなメンバーが集まり、日々研鑽しあえるカルチャーが根付いている事が、根底にあると感じます。
今後日本において、一層新事業が求められる時代に突入してくる中、ぜひ似通った想いをお持ちの方には、DIに参画頂ければと思います。