The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 新卒入社
マネジャー

藪 優太郎 Yutaro Yabu

東京大学工学部卒業、
同大学院工学系研究科修了後、新卒でDIに参加

唯一無二の環境を求めて

「一人の活躍が大きなインパクトを出せる組織で働きたい」、「日本を元気にする、新しい事業を生み出してみたい」。それが私の就職活動の判断軸であり、ドリームインキュベータへの入社を決めた理由です。

学生時代、土木工学系の学科に在籍していた私は、インフラのように数千・数百の人々が携わって一つの巨大プロジェクトを結実させる仕事に対して漠然とした憧れを抱いており、建設・鉄道会社や国土交通省など、社会を支える巨大インフラを創り上げるキャリアを志向していました。

そんな私の価値観が大きく転換したのが、学生時代にお手伝いした創業間もないスタートアップでの体験です。社員は数名で、マンションを間借りしてオフィスにしている小さな会社でしたが、一人の活躍が事業を大きく伸ばす瞬間や、これまで世の中になかったサービスが人々に使われ始める瞬間を目撃することで、少人数で新しい事業を立ち上げることの醍醐味を肌で味わいました。

そこで早速、ベンチャー/メガベンチャーと呼ばれるような企業群の選考を受けていく中で、知人の紹介で偶然選考に参加したのがドリームインキュベータでした。当時の私のDIに対する認識は、「ベンチャー支援もやっているコンサル」、「選考が難しく、受かると箔が付く」程度の認識でしたが、ジョブに進みDI流のビジネスプロデュースを目の当たりにする中で、スタートアップのような新規事業立ち上げと、国・産業レベルでのプロデュースの両方が経験できる唯一無二の環境がある会社だと感じ、入社を決意しました。

DI入社後は、エンジニアと連携しながらアプリの設計・開発をおこなったり、膨大な顧客ヒアリングを重ねてサービスコンセプトを固めたりする等、あたかもスタートアップのような動き方をするプロジェクトから、兆円規模の企業の異業種参入M&A戦略、海外政府動向を踏まえたグローバル事業戦略、全社長期ビジョンの策定といったマクロな視座のプロジェクトまで、業種・抽象度を問わずあらゆるプロジェクトを経験できており、まさに自分が望んでいた経験を得られています。

DIは創業から既に20年以上がたちますが、今でも成長を強く志向し、変わり続けている会社です。
「色々な仕事をやってみたい人」・「変化や無茶ぶりを楽しめる人」・「とはいえ着実に“戦闘力”を身に着けたい人」にはこの上ない環境だと思いますので、これらのワードに少しでもピンと来るチャレンジャーの参画をお待ちしています。