採用情報
ビジネスプロデューサー(BP)からのメッセージ

印刷する
English

中途入社のBPからのメッセージ

西村 篤史

マネジャー
西村 篤史 [Atsushi Nishimura]
一橋大学商学部卒業
東京海上日動火災保険株式会社を経て、DIに参加


夢中になって日本を変える

学生生活のほぼ全てを体育会での活動に捧げた私は、本格的な就職活動をすることなく、最初に内定が得られた損害保険会社で社会人としてのキャリアをスタートさせました。

「保険という商品を通して、社会や経済に影響を与えられそう」と漠然とした考えで選択したキャリアではありましたが、顧客である大企業のリスクマネジメント支援、社内の業務プロセス改革、当局の折衝等、大きな仕事を担う機会にも恵まれ、社会人としての手応えをある程度感じていました。

ただ、業務範囲は「営業目標の達成」、「業務効率の向上」等、会社の歯車の一つとして所属部門に課された目標を追うことに留まり、自分の成果が、会社が目指す姿に貢献出来ているのか、社会に価値を提供出来ているのかが実感しくいことに何か物足りなさを感じてしまい、どこか本気になれず、常に「このままで良いのか」という葛藤を抱えていました。
年次を重ねるにつれ、「学生時代のように夢中になって取り組めることは何か」、「ビジネスパーソンとして成し遂げたいことは何か」といった悩みが強くなり、転職を視野にキャリアを考えるようになりました。

その時に出会ったのがDIです。
話をする社員が皆、口を揃えたように「日本を元気にしたい」と、目を輝かせながら真剣に語ることに衝撃を受けました。
一見、馬鹿げているとも思える壮大なビジョンを掲げ、圧倒的な熱量で取組むDIからは、難易度の高い目標に対して高い志で取組む体育会に共通する部分を感じました。「DIでなら本気になれる価値のある仕事が出来るのはないか。本当に日本を大きく変えること出来るのではないか」と感じました。
社員に会う度に、その想いは強くなり、入社を決意しました。

実際、DIで扱う仕事は、産業プロデュース・業界を越えた事業創造等、前例のない難題でかつワクワクするようなテーマばかりです。
クライアントである大企業のみならず、中央官庁やベンチャー企業と連携する機会も多く、日本全体やその産業がどのような方向に向かうべきかといった高い視座で戦略を立案・実行していく仕事は、日本の将来の一翼を担っていると確信出来るもので、刺激的なフィールドで毎日を過ごしています。

当然、その難易度は非常に高く、正直苦労が尽きないのも事実ですが、妥協なく徹底した調査や思考、議論を経て、「答え」を出していくプロセスや、共通の目的意識のもと、社員同士が互いに切磋琢磨し、よりレベルの高いアウトプットを目指す環境に、心地よさも感じています。

気付けば、私も「日本を元気にしたい」と真剣に話すようになっていました。
ふと、自身の成長を振り返ると、これまで何気なく見ていたニュースを高い視座から多面的に、かつ論理的に捉えることができるようになっている自分に驚くこともあります。
今後は実力をつけて、さらに大きく日本を変えていけるような仕事をしたいと考えています。

現状のキャリアに物足りなさを感じており、DIに興味を持たれた方は、是非一度DIの社員と話をしてみてください。
そして、DIのビジョンに共感頂ける方は、DIの一員として参画して頂ければと思います。
DIには夢中になれる大きなテーマの仕事と環境が揃っています。

 

戻る