採用情報
ビジネスプロデューサー(BP)からのメッセージ

印刷する
English

新卒入社のBPからのメッセージ

佐々木 優

ビジネスプロデューサー
佐々木 優 [Yu Sasaki]
京都大学・法学部卒


多様な仲間と、オリジナルの価値を生み出す

「人とは違う形で世の中に貢献したい」
元来の天邪鬼な性格もあり、そんなことを漠然と考えながら私の就職活動は始まりました。
振り返ると、東京の高校から(東大ではなく)京大へ進学し、留学先も(欧米ではなく)中東を選ぶなど、人生の節目でいつも人と少し違う選択をしてきました。

そんな私がふとした縁でDIのことを知り、その魅力に取りつかれるまで、そう時間はかかりませんでした。
戦略コンサルティングに加え、投資・事業経営を手掛け、時には政府をも巻き込みながら産業を創造する独自のビジネスモデル。強い当事者意識をもって社会の課題や未来について語る個性溢れる社員。DIのことを深く知るにつれ、「ここしかない」という確信を強めていきました。
DIの他にも、米系投資銀行、総合商社、メガベンチャー等の魅力的な企業からオファーを頂き、周囲の友人からは「オファーを断るなんてもったいない」との声も聞かれました。しかし、私にとってはDIという唯一無二のフィールドで、多様なバックグラウンドを持つ仲間と戦う機会を逃すことの方が、余程もったいなく感じられました。

実際に入社してからも、期待以上に充実した日々を送っています。
戦略コンサルティングでは、誰もが知る大企業の重役と共に新規事業創出などの案件に携わってきました。クライアントの利益を最大化するという唯一最大のゴールのために、額にも脳にも汗をかきながら責任ある提言を行うことは、単なるコンサルティングの枠に留まらない人間としての成長をもたらしてくれています。
一方、ベンチャー投資では若手のうちから様々な経営者と本音で議論を交わすことができます。単なる金融業としてのVCの枠を超え、コンサルティングで培った知見を基にアドバイスを行うことで、DIオリジナルの価値を提供できていると感じています。

正直に言って、こうした仕事は決して楽ではありません。
技術の発展に伴い、凄まじいスピードで業界・業種の垣根が崩壊し、ビジネスの世界はカオスの様相を呈しています。そんな頼るべき羅針盤のない世界で、世の中にない答えを生み出す営みは、想像以上の苦労を伴うものでした。しかし、関係者と硬軟織り交ぜて知的コミュニケーションを交わす際の刺激、実際に事業のタネが成長するのを目の当たりにする喜びは、何物にも代えがたいものです。

これからもDIは、そんな刺激や喜びを提供してくれるフィールドであり続けることと思います。
自分にない尖った強みを持つ仲間と同じ船に乗り込み、人の想像の「斜め上」をいく未来を創る気概のある方の参画を心よりお待ちしています。

 

戻る