採用情報
ビジネスプロデューサー(BP)からのメッセージ

印刷する
English

中途入社のBPからのメッセージ

岩本 真行

シニアマネジャー
岩本 真行 [Masayuki Iwamoto]
京都大学理学部卒業
同大学院理学研究科修了
経済産業省を経て、DIに参加


会社紹介パンフレットを一読して虜になった、独自のビジネスモデル

大学時代、数学という俗世間から最も離れた学問を勉強していた私は、「何となく大きな仕事に携わってみたい」という漠然とした思いだけを拠り所に、国家公務員という職を選び、官庁の中では比較的自由闊達な経済産業省に入省しました。

中央官庁での仕事は、責任がそれなりに大きい一方でやりがいもありました。しかし、入省後数年が経過したころから、私の興味関心は官庁という言わば閉じた組織から、経済活動が日々行われている外の世界へと向きはじめます。

そのきっかけとなったのは、プライベートで知人とともにやっていたNPO活動。その活動を通じ、様々な職種、業種の人たちと交流する中で、(良くも悪くも)官庁は狭い世界であるとの思いを持ち始めると同時に、外へ出ていろんな人たちと仕事をしてみたいと思うようになりました。

そして、官庁を出ることを決意し、セカンドキャリアに選んだのがDI。実は、私は、転職活動をするまで、DIのことを知りませんでした。初めて知ったのは、転職活動を開始し、人材エージェント会社の方から「こんな面白い会社があるけど興味ない?」と紹介されたとき。手渡された会社紹介のパンフレットの中に、「産業プロデュース」や「ペット保険会社の事業経営」といった魅惑的なワーディングが並ぶのを見て、即座に興味をもったことを憶えています。その後、社員の方から直接話を聞く機会を得て、DIのことを詳しく知るに連れ、大企業向けの戦略コンサルティングをする一方でベンチャー企業への投資、さらには自ら事業経営まで行うという独自のビジネスモデルを確立・進化させるDIに強く惹かれていきました。

DIの仕事の本質は、知恵をひねりだしてクライアント、さらには社会に付加価値を付けていくことです。そのため、総じて仕事の難易度は高く、ときに「生みの苦しみ」を味わうこともあります。しかし、そこには常に、知的な面白さと大きなやりがいがあります。入社以降、戦略コンサルティングから産業プロデュースまで、様々なプロジェクトに従事しましたが、その一つ一つに大きなやりがいと学びがありました。

自身の強みや経験を生かし、ビジネスの最前線で思いっきり仕事をしてみたいという気概をお持ちの方には、DIはおそらくベストな場だと思います。そうした気概をお持ちの方のご参加を心よりお待ちしています。

戻る