MEDIA

日本ビジネススクールケース・コンペティション2021の審査員として石川・西村・増本が参加

日本企業が抱える問題をテーマにビジネススクール生が課題を抽出し、解決に向けた戦略提言を競う”MBAの甲子園”「日本ビジネススクール・ケース・コンペティション2021」が、10月17日(日)に開催されました。

DIは2015年より協力・協賛企業として参加しており、今回は、ファイナル審査員に執行役員・石川雅仁、セミファイナル審査員に執行役員・西村篤史、シニアマネジャー・増本直高が参加し、講評を行いました。

12回目の開催となる今回は、大会史上最多タイである全国25校に、大会史上最多である 215チーム、999名の現役MBA生が応募。セミファイナル審査には予選を通過した20チームが参加、勝ち抜いた5チームがファイナル決戦へ進み、白熱したケースコンペティションとなりました。

※日本ビジネススクールケース・コンペティション(JBCC) 詳細や審査員の講評は こちら

 

執行役員 石川 雅仁

早稲田大学理工学部卒業、早稲田大学大学院理工学研究科修了
住友商事株式会社を経て、DIに参加

 

執行役員 西村 篤史

一橋大学商学部卒業
東京海上日動火災保険株式会社を経て、DIに参加

 

シニアマネジャー 増本 直高

京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科材料工学専攻
住友商事株式会社を経て、DIに参加

ニュース一覧

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する