プレスリリース

経済産業省「GXリーグ基本構想」に賛同表明

経済産業省「GXリーグ基本構想」に賛同表明

 
株式会社ドリームインキュベータ(東京都千代田区、代表取締役社長COO 三宅 孝之、以下DI)は、このたび、経済産業省が公表した「GX(グリーントランスフォーメーション)リーグ(※)基本構想」への賛同を表明いたしました。
DIは、”社会を変える 事業を創る。” をミッションに掲げ、様々な社会課題の解決に資するビジネスプロデュースに取り組んでいます。
既存事業のカーボンニュートラル化のみならず、事業価値向上と排出削減を両立し得る「ビジネスモデル変革」や、「新規事業」の検討も並行して推進すべきという我々の考え方は、2050年カーボンニュートラル実現を見据え、経済と環境の好循環のための挑戦を行い、経済社会システム全体の変革を牽引するというGXリーグの趣旨と合致しており、GXリーグ基本構想に賛同することといたしました。
GXリーグ参画企業には、1)自らの排出削減の取組、2)サプライチェーンでの炭素中立に向けた取組、3)製品・サービスを通じた市場での取組を実施することが求められています。
DIは我々の強みである 「社会課題×政策・戦略・技術」 起点のビジネスプロデュース力を生かし、クライアントへの支援を通じ、2050年のカーボンニュートラル実現に貢献してまいります。
 
【ご参考】 DIのカーボンニュートラル・トランスフォーメーションに関する取り組みの一例

  • 日本でのエネルギートランジッション(水素/風力/蓄電池等)加速向けた取組の推進
  • 炭素除去・炭素活用(森林吸収源・CCUS等)に向けた取組の推進
  • 国内外でのカーボンクレジット活用及びその環境整備に向けた取組の推進
  • 日本企業の事業/技術を生かしたグローバルでの脱炭素の推進
  • 提携先である株式会社電通とともに「Sustainable BXチーム」を発足

 
※GX(グリーントランスフォーメーション)リーグについてhttps://gx-league.go.jp/
GX に積極的に取り組む「企業群」が、 官・学・金で GX に向けた挑戦を行うプレイヤーと共に、一体として経済社会システム全体の変革のための議論と新たな市場の創造のための実践を行う場。
 
▶本リリースのPDF
 


【本リリースに関する問合先】
株式会社ドリームインキュベータ コーポレートコミュニケーションチーム
電話:03-5532-3200 / Email: info@dreamincubator.co.jp