プレスリリース

インド投資先である乳がん診断支援AIのNiramai社がFDAの承認取得

インド投資先である乳がん診断支援AIのNiramai社がFDAの承認取得
~米欧市場へ本格参入~

 
株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)が運営するDIインドデジタルファンドの投資先ディープテック企業Niramai Health Analytics(インド・カルナータカ州・バンガロール、創業経営者・Dr. Geetha Manjunath)が、このたび、米国食品医薬品局(FDA)から医療機器としての認証を取得したことをお知らせします。
インド企業として、女性医療分野の医療機器でFDAの承認を得る初めての事例になります。なお、同社はこれまでに、欧州でのCEマークも取得しております。

世界保健機関(WHO)によると、2020年に世界で乳がんと診断された女性は230万人、死亡者数は68.5万人にのぼり、乳がんは最も罹患率の高いがんであり、世界共通の病と言えます。
Niramaiは、サーモカメラで撮影した乳房の画像を独自のAIアルゴリズムで解析することにより、簡易かつ高い検知率で乳がん有無の検知を可能にする乳がん診断支援AI技術を開発しており、乳がんの早期発見への寄与が期待されます。
DIは、2019年のシリーズAで、リード投資家として同社への支援を開始以降、一貫してNiramaiの日米市場への参入・薬事戦略の検討とその実行を、伴走してまいりました。今回のFDA認証取得が、世界中の乳がん医療を支える大きな一歩になることを信じ、引き続き伴走支援をしてまいります。
 
<参考>

▶本リリースのPDF
 


【本リリースに関する問合先】
株式会社ドリームインキュベータ インキュベーション部門(担当:江藤)
電話:03-5532-3200 / E-mail: info@dreamincubator.co.jp