プレスリリース

Disruptor50の考察記事が掲載(ビジネス+IT)


ビジネスニュースサイト「ビジネス+IT」にて、Disruptor50の考察記事が掲載されました。


  • 媒体名:  ビジネス+IT
  • 掲載日:  2019年 10月8日
  • 担 当:  執行役員・竹内 孝明、ビジネスプロデューサー・山崎 満久、風間 貴裕
  • 内 容:  メディア掲載

▶  Disruptor 50(破壊的な50社)の分析で判明、イノベーションの「空白地帯」
 

執行役員 / 竹内 孝明


東京大学理学部情報科学科卒業、
マサチューセッツ工科大学(MIT)技術&政策プログラム修了(MS)
東京電力株式会社、株式会社ボストンコンサルティンググループ(BCG)プロジェクトマネジャー、ウルシステムズ株式会社を経て、DIに参加

  • 「技術と情報で、生活を一変させる事業を創る」ことが、学生の頃からの夢。東京電力~BCG~ITベンチャー~DIと立場を変えながら、一貫して「創造」に携わってきた
  • 約20年にわたるコンサルティング活動でも、ICT、エネルギー、ヘルスケア、自動車、電機などテクノロジー分野を中心に、新事業創造、成長戦略、R&D改革、M&A/提携支援など、「創造型プロジェクト」を数多く手掛ける
  • 投資・育成に携わったベンチャーもテクノロジー関連が多く、うち4社がIPOを実現
  • 近年は、製造業の大型新規事業構想を、ベンチャーを含む国内外有力企業との連携により実現を図るなど「融合と連携を軸にしたビジネスプロデュース」に注力

 

ビジネスプロデューサー / 山崎 満久


慶應義塾大学総合政策学部卒業
株式会社じげんを経て、DIに参加

  • じげんでは経営統合責任者としてM&A先の経営や、株式会社NTTドコモとの共同事業創出等に従事
  • DIでは日本・米国のベンチャー投資や投資先への経営支援に加え、不動産、エネルギー、自動車、消費財領域における事業戦略・技術戦略策定等の戦略コンサルティングに従事

 

ビジネスプロデューサー / 風間 貴裕


一橋大学商学部経営学科卒業
新卒でDIに参加

  • DIでは、大手消費財メーカーの新規事業構想立案から、事業内容の具体化、実行までを一貫して支援するプロジェクトに従事
  • また、Disrupter50など国内外の先進事例の調査・分析なども行っている