アイペット損害保険 × ボードウォーク スペシャル対談【後篇】

前篇はこちらよりお読みください 
DIが成長企業にマジョリティ投資を行い、DIのグループ企業として継続経営をしていく「事業投資」。DIのベンチャー投資・育成(営業投資事業)と大企業における新事業創出・ビジネスプロデュース(戦略コンサルティング事業)で培ったノウハウを融合し、投資先の企業価値を向上させていく事業だ。今回はDI事業投資先である、ペット保険大手のアイペット損害保険株式会社と、電子チケットプラットフォーム事業等を運営する株式会社ボードウォークの経営TOP2によるスペシャル対談をお届けする。
【アイペット損害保険株式会社】

  • 経営理念:ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。
  • 事業内容:ペット保険専門の損害保険業
  • 設立:2004年5月
  • 社員数:483名(2019年3月31日現在)
  • DI出資比率:56%(東京証券取引所マザーズ市場上場)
【株式会社ボードウォーク】

  • 企業理念:カタチにこだわらないエンタテインメントの楽しみ方を提供し、ひとりひとりの感動の最大化を目指す
  • 事業内容:チケット事業/ファンクラブ事業/グッズ・EC事業/データマーケティング事業
  • 設立:2010年5月
  • 社員数:50名
  • DI出資比率:30%(潜在ベース46%)

「DIファミリー」間で描く、CxOへのキャリアパス

ーーここからはDIのビジネスプロデューサーから見た「事業投資」というミッション、キャリアの魅力についてお伺いしたいと思います。青山さんはDIで執行役員も経て、事業投資先であるアイペットに取締役として正式ジョインされました。ご自身のキャリアステップについてどのようにお考えですか?

青山:

私は2011年の夏頃からアイペットに関わり、2012年の6月から非常勤取締役、2016年から常勤取締役として正式入社しました。なので4年間はDIメンバーとして、直近の3年半は社員としてアイペットで仕事をしています。

私はDIに12年間在籍しましたが、いつかは企業における何らかの部門のリーダーになりたいと考えていました。なので、社外メンバーとして携わっていた頃から「他人の会社」だとは思っていませんでしたし、山村も含め、ずっと仲間と一緒にやってきたという意識が強いです。

私の中ではキャリアステップは一貫していますし、30代の若い頃から企業の役員をやらせてもらえる機会を貰えたことに感謝しています。

 

ーー若い頃から経営者としてのキャリアパスを描けるのはDIならではの魅力かもしれませんね。

半田:

早くから子会社の経営をやらせろとよく言いますが、早くから経営者目線で仕事をしていくのはすごく大切なことです。そういう意味ではベンチャーに投資したり、投資先に出向して経験を積むのはこれ以上ない機会でしょうね。

 

遠藤:

DIの哲学、DNAが刻まれた若者であれば、こちらとしては短期間でも良いからCxOクラスとしてどんどん迎え入れたい。それくらい、DIメンバーの能力水準は信頼性の高いものがあります。

青山:

うちも大歓迎ですよ。DIにいるという時点で、能力もキャラクターもある程度担保されているので採用リスクが非常に低くなります。もちろん「事業立ち上げ時だけ」といった期間限定で来ていただいて、また戻っていただくという形も全然ありだと思います。

 

半田:

先ほど青山さんが「人の会社だと思っていなかった」とおっしゃったように、DIと事業投資先は親会社・子会社という関係ではなく、「DIファミリー」という共同体だと思っています。

DIと投資先の間だけでなく、今回の対談のように投資先同士でもシナジーを生んでいける形をデザインするのが「事業投資」の理想形ですし、まさにビジネスプロデューサーとしての醍醐味が楽しめる仕事だと思いますね。

 

受け継がれる「ビジネスプロデューサー」としてのDNA

ーーDIのメンバーはピュアなコンサルティングというよりも、仲間を集めて大きなビジネス・産業を生み出していく「ビジネスプロデュース」を楽しめるのが特徴なのかもしれません。

青山:

DIがアイペットに投資したとき、事業は赤字だったので、決して当初から「勝ち馬」案件だった訳ではありませんでした。それでもなんとか仲間を集めて、事業を作っていく、という泥臭さを楽しめたのが良かったのではないでしょうか。

 

半田:

DIメンバーにとって事業投資は、普段の業務では見えない部分が多いため、少し怖いと思ってしまうかもしれませんが、そういった泥臭い経験ができる良い成長機会であるとも思っています。本当はもっとコンサルと投資、投資先を行ったり来たりするキャリアパスを増やしていきたいんですよね。そうすれば最強のビジネスプロデューサーになれると思うんです。

 

ーー「怖い」とおっしゃる裏にある、コンサルティングと経営、一番の違いはどこにあるのでしょう?

青山:

「結果責任」が伴うかどうかではないでしょうか。

コンサルティングというのはどちらかというと事業戦略を構築する「プロセス」が重要で、クライアントに満足してもらえるかどうかが全てです。一方で、経営や投資はビジネスの「結果」がすべて。ここに、スタンスの違いが出てくるのではないかと思います。

コンサルタントに多い頭の良い人たちは、往々にして結果責任を問われるのを恐れます。だからこそDIに存在価値があるし、結果責任をとる経験を積めれば最終的なビジネスパーソンとしての価値も高まると思います。

 

半田:

たしかに、そこが他のコンサルティングファームとDIが違うポイントかもしれませんね。

 

青山:

私は新卒でDIに入社し、12年間コンサルティングをやってきましたが、アイペットで山村のようなバリバリの営業マンと出会い、今まで見たことが無い新しい仕事観を教えてもらいました。

たとえば、山村は仮に論理的な根拠が乏しかったとしても「目標はこれだ!」と大きく掲げ、メンバーを鼓舞し、本当に目標を達成してしまいます。もちろんそれは山村が蓄積してきた信頼残高や経験の裏打ちがあるからこそ成せる技ですが、コンサルの世界ではそんな戦い方は教えられませんからね(笑)。

 

半田:

「結果責任」という言葉に被せると、DIはアイペットが上場した後もEXITしていませんよね。それが通常のファンドなどとは異なる部分で、アイペットの成長に「結果責任」を負い続けている。だからこそ、「DIファミリー」一丸となって成功していきたいという意識を強く持てるのかもしれません。

 

青山:

半田さんがこれからDIの次の事業投資先を探している、というのはすごく良いことだと感じます。それは投資を受ける会社もそうですし、DIメンバーにとってもそうだと思います。これから4社目、5社目の事業投資先が増えることを楽しみにしています。

 

 前篇へもどる 

 

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する