次世代を担うビジネスへのDIの視点

新たな事業を作りやすい環境に
人・もの・資本・情報がつながり、以前に比べて、はるかに新しい事業を作りやすくなりました。
情報技術(IT)の進化はすさまじく、シリコンバレーのみならず、我が国においても様々な業界で変化が起き、新たなビジネスが生まれています。
今後、様々な主体(人・モノ・企業)がつながることにより、この傾向はさらに加速・進化すると思われます。

次世代ビジネスは異業種・ベンチャーから
しかも、次世代(ネクストジェネレーション)を担う新たなビジネスは、その多くが全く違う業界やベンチャーからやってきます。同一業界ではなく、まったく異業種のプレイヤーだからこそ、マーケットを新たな視点で捉え、新たなビジネスモデルを構築することが可能です。これまでも、Google、amazon、Netflix、ソフトバンク(テレコム)、アップル(iphone)、ソニー(プレステ)、富士フィルム(医療分野)・・・ 時代を作ってきたものは、多くが異業種、ベンチャーからの参入です。

次世代ビジネス実現に必要なこと
このように、多様な視点を連携させ、新たなビジネスをプロデュースし、実現するには、数多くのことが必要です。

  • 業界タコツボにはまらず、幅広く・多面的に物事を見て、ビジネスを見つける力(多様な視点、戦略、ビジョン)
  • そのアイデアやビジネスを実現するための人材、信頼できる(人や企業を”動かせる”)外部ネットワーク
  • 資金、サポーター
  • 非常に優秀な人材と、信頼ができ、一緒に動いてくれる内部・外部のパートナー不可欠なのは言うまでもありません。

(次世代を担う新たなビジネスへのDIの視点について、詳しくはこちらをご参照ください。)

DIが行うこと

それらを踏まえ、DIは次世代を担うビジネスに対して、以下のパターンで、積極的に経営に参加し、投資・支援していきます。

    1. 自ら、ビジネスアイデアを立案し、自らリスクを取って事業を立ち上げる
    2. 起業家のビジネスアイデアに賛同し、DIの人材、資金、信頼できる外部ネットワークを一気に投入し、共同でビジネスを立ち上げる
      -基本的に20%以上の出資が前提

いずれの場合も、DIのインフラやネットワークをフルに利用して、事業拡大を実行または支援してまいります。

 

DIが提供するもの

DIは、資金だけではなく以下のようなケイパビリティやネットワークを提供し、次世代を担うビジネスの事業拡大の支援を行います。

  • 事業立ち上げ経験、コンサルティング経験のある幅広い人材
  • デジタルメディア・ITをはじめとする業界ネットワーク
  • 各界における大企業およびキーパーソンのネットワーク
  • DIの投資ポートフォリオのネットワーク
  • 海外拠点及びその投資先・提携先
  • 戦略コンサルティング能力、事業立ち上げ能力
  • 財務/経理能力

 

(参考)

日本での実績例

    • IPO実績
アライドアーキテクツ
フォトクリエイト photocreate
サンワカンパニー
DLE
    • 投資先
ブレイカー
オフィスクレッシェンド

海外での投資例(ベトナム DI Asia Industrial Fundによる現地有望企業への投資)

nutifood jv santendo

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する