The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 中途入社
ビジネスプロデューサー

小川 一幸 Kazuyuki Ogawa

早稲田大学教育学部卒業
早稲田大学大学院経営管理研究科修了
東レを経て、DIに参加

「仲間とともに、未来を紡ぐ」

新卒で入社した素材メーカーでは、営業・マーケティングとして担当製品の戦略実行に深くかかわり、時には国内外のお客様と将来に向けた製品開発を、時には思い入れある製品の廃盤を、と、事業推進における『明』と『暗』を経験しました。

必然的に経営に興味を持つこととなり、業務と並行して夜間MBAに進学しました。
志高い経営者の方々や仲間との出会いや、経験を振り返りながらビジネスの存在意義を問うことで辿り着いた私のミッションは、『社会課題を事業創造によって解決し、日本と企業を元気にしたい』というものでした。
創造的活動にのめり込める場を求め転職活動を行う中で、『社会を変える 事業を創る』をミッションに掲げる当社と出会いました。
面接で会った社員の方々が、 “本気で社会を変えたい”と無邪気に語るのが印象的で、この会社は噓がない。と確信し、ご縁も頂き入社を決意しました。

入社後は、当初想定していた社会課題起点の新規事業の支援はもちろん、クライアント企業のパーパス策定やサステナビリティ戦略の立案支援等、企業経営の中核を成し、社会的意義も高いテーマに従事しています。
DIがご支援させて頂くテーマはどれも難易度が高く、故に単純な答えなど一切なく、検討過程では苦しいことも当然あります。
入社後は特に、インプット~思考~アウトプットに至るスピード感や、お客様にとっての必要なアクションを紡ぎ出す思考レベルなど、今まで経験したことのない次元で成果が求められることもあり、苦しい日々もありました。
ただ、役職に関わらず驚くほど快く相談に乗ってくれ、納得するまで議論に付き合ってくれる風土が会社全体に根付いており、お客様の成功のために徹底的に時間と思考を尽くせるので、常にゾーンに入っているような、夢中になれる日々を過ごしています。

私の座右の銘は、『倒れるときは前のめり』です。
どんなにゴールが見えず苦しくても、絶対に逃げない。必ず成果を手繰り寄せる。そしてお客様に感動と勇気を与えたい。そんな想いで走り続けてきたつもりですが、思い返せば躓いたとき、倒れてしまいそうになった時、上司やチームメンバーが絶対に肩を支えてくれる、そんな文化がDIにはあると思います。
それは、新規事業の中でも既存の枠を超えた大きな構想を描き、かつ実現性に徹底的にこだわるという難易度高い課題に挑み続けるDIだからこそ、『メンバーを一人にしない』、『チームで成果を出す』、『挑戦者を応援する』というDNAが組織に埋め込まれているのでしょう。

社会貢献をお題目で終わらせず、お客様とともに社会を変える事業を本気で創り、持続的な社会の成長を支えたい。
そんな想いをご共有頂ける方と、一緒に未来を切り拓いていきたいと思います。
是非DIに、あなたの想いをぶつけてみてください。メンバー一同、心よりお待ちしております。