The challenger becomes the person you want to meet the most.

MESSAGE

  • 中途入社
ディレクター/企業財務ソリューショングループ

中山 英亮 Hideaki Nakayama

慶応義塾大学法学部卒業
名古屋商科大学大学院会計ファイナンス研究科修了
HR系コンサルティング会社、PwCアドバイザリー等を経てDIに参加

“M&Aアドバイザー”の枠を超える

20代のころ、土日と有給をフルに投下してMBAで学んでいた時にM&Aの世界に出会い、M&Aのエキスパートになりたい、これを武器に日本の企業に貢献したい、と思いました。そこからM&Aのキャリアに足を踏み入れ、今はDIにてファイナンシャルアドバイザー業務に従事しています。

DIにおいては、この案件はどの会社にとって戦略的に合致しうるか、あるいは戦略をさらに拡張しうるか、時に戦略コンサルティングチームのメンバーにも議論に参加してもらいながら、徹底的に議論した上でお客様に提案を行います。そのため、ひとつの案件が仮に実行に至らずとも、お客様から相談を受けて別の案件を探索する、といった結びつきを得られることも少なくありません。

さらに、提案からエグゼキューション、PMIまでも一貫して担当するため、買い手側のお客様、あるいは売り手側のパートナーとも密にコミュニケーションを採り、双方から信頼されるパートナーになれる、ということも魅力だと思います。

また、これらのM&Aに関連する業務のみならず、戦略コンサルティングチームとの協同プロジェクトも存在します。
実際に私も金融機関向けのコンサルティングプロジェクトに参画したり、戦略コンサルティングチームとの混成チームでの資金調達のアドバイザリープロジェクトをリードしたりといった、M&Aの枠を超えたプロジェクトの存在もDIならではだと感じます。

DIのMissionは「社会を変える 事業を創る。」ですが、正直な所、入社するまであまりピンと来ていない自分がいました。
しかし、DIでは「このプロジェクトが成功したら未来が変わりうる」というプロジェクトが日常的に動いています。
”The Business Producing Company” の一員として、自分もそれに参画し、さらには仕掛けていける、という可能性の広がりこそ、DIでの仕事の一番のやりがい、面白さだと感じています。