BP・卒業生からのメッセージ

マネジャー

金子 剛

Tsuyoshi Kaneko

クライアントと共に社会に新しい価値を

D I に入社して 、この 考えは 良くも悪くも自分 の 想 像 以 上のもので し た 。入 社 早 々 に 日 本 を 代 表 す る 大 企 業 と 大 き な プ ロ ジ ェ ク ト に2 年 越 し で 従 事 し ま し た が 、ま ず 気 づ か さ れ た の は 、新 規 事 業 や事業創造にチャレンジするようなクライアントは企業の課題だけに着目しているのでなく、社会の課題に着目し、社会にどう価値を提供するかという高い視座で考えているということです。加えて、そのような課題意識を持ったクライアントに対して価値をつけるに は 、い わ ゆ る フ レ ー ム ワ ー ク な ど で は な く 、真 摯 に 課 題 と 向 きあ い 、ど う す べ き か を 徹 底 的 に 考 え 続 け る こ と に 尽 き る と い うことです。新卒の私にとって非常にハードな面もありましたが、世の中に新しい価値を創るという想いをクライアントと共感し、ビジネスを創り上げていくという経験は自身のキャリアにとって何事にも変えられない経験になりました。

入社して4 年目以降はよりプロジェクトに対して責任を負う立場になりましたが、様々なバックグラウンドをもつメンバーと協力し、顧客へ更なる価値を提供するというチャレンジに日々充実感を得ています。社会との関わり方は人それぞれだと思いますし、正解はないと思います。た だ 、入 社 し て 6年 が 経 ち ま す が 、社 会 の関わり方を軸としていた私がDIを選んだことは間違っていなかったと確信しています。

 

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する