BP・卒業生からのメッセージ

ビジネスプロデューサー

網野 雄太

Yuta Amino

“ビジネスプロデューサー“という人材コンセプトへの共感

私は広告会社でマーケッターとしてキャリアをスタートさせ、広告コミュニケーション設計や、商品/サービス開発、チャネル戦略検討など、「事業と生活者の接点デザイン」を通じて、クライアントを支援してきました。

前職では幅広い領域の業務を経験させて頂きました。そこに留まって、より高めたいスキルが多々あったことも事実で、それくらい得られるものが多い会社だったのですが、一方で幅広くマーケティングを経験すればするほど、マーケティングの枠を超えて価値創造のための引き出しを増やしたいと思うようになりました。

そんなことを考えながら転職の検討を始めた頃に見つけたのがDIです。DIの存在はもともと知っていましたが、DIビジネスプロデューサーという人材コンセプトを初めて知り、その意味に強く共感したことを憶えています。ビジネスプロデューサーは、業界を超えた構想を描き、その実現に向けてあらゆる引き出しを組み合わせ、周囲を巻き込んで推進する、まさにプロデューサーであり、そういったスキルやマインドセットを求められる環境で自らを成長させていきたい、と考えるようになりました。

DI入社後は様々なタイプのプロジェクトを経験してきました。DIは事業創造・成長支援のプロジェクトが多い点が特徴です。それらのプロジェクトでは、社会/産業/生活者の課題そのものを発見することが起点となります。その課題発見のプロセスでは、積み上げ式の思考だけでは事足りず、創造性が求められるため、日々生みの苦しみに直面していますが、その経験を通じて、私自身の思考の出発点が、事業を通じていかに儲けるかではなくいかに役に立つかへと変化した感覚を持っています。

DIビジネスプロデューサーの仕事は、論理と直観、思考と行動、冷静さと熱量などを総動員して社会の役に立つことにコミットしていく、そんな仕事です。いわゆるコンサルタントへの転職を検討している方のみならず、ビジネスプロデューサーというコンセプトに共感された方にも、是非一度DIに興味を持って頂けると幸いです。また、そんな皆様と共に仕事ができることを楽しみにしています。

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する