BP・卒業生からのメッセージ

木村 沙織

ビジネスプロデューサー

木村 沙織

Saori Kimura

新規事業によって世の中の課題を解決する

私がDIへの転職を決めたのは、新規事業の創出に携わりたいという気持ちからでした。

前職である商社には「事業を通じて世の中の課題を解決したい」という漠然とした思いを抱えて入社しました。入社後は“自分ごと”として事業に関わり、海外勤務の希望も叶うなど、非常に充実した時間を過ごしていました。しかし、日本に帰国後、既存事業として目の前の売り上げを追う傍らで新規事業を検討し始めると、新規事業創出のアプローチ方法について思い悩むようになりました。既存事業の担当者としての私は、既存事業の延長上に新規事業を位置づけていました。一方で「世の中の課題を解決する」という観点から自分の検討する事業を見直したときに、既存事業・部署・会社の枠を超えてもっと自由に考えてみたいという気持ちが芽生え始めました。

転職エージェントからDIの中途採用説明会を紹介されたのは、ちょうどそんなタイミングでした。大企業向けコンサルティングのみならず自ら投資・事業経営も行うというビジネスモデルは、事業会社にいた私にとって非常に好ましく感じられました。何より「新規事業によって社会課題を解決する」「そのためには会社・業界の枠を超えた協業が必要だ」と本気で語る社員の姿に、自分の求めていたアプローチ方法を見つけたような気がして、DIへの転職を決めました。

実際の入社後の業務は、各分野の大企業への新規事業の提案や、社会課題をテーマとしたR&Dなど、想像通りわくわくするものばかりでした。新規事業の内容も、クライアントである大企業一社では実現できずに他社・他業種との協業を要するものが多く、入社前の希望が叶えられている実感があります。

もちろんDIでの業務はただ楽しいだけではありませんでした。特に入社直後は前職とは異なる頭の使い方を求められるため、自分の能力が十分発揮できずに悩んだり、会社のカルチャーの違いに戸惑ったりと、実際には楽しいよりも苦しいことのほうが多いかもしれません。ただ、提案した事業がクライアントによって実行に移されるのを目の当たりにする喜びは非常に大きく、そうした喜びを様々な分野のプロジェクトで積み重ねることができるのはDIで働く醍醐味だと感じます。

このようなDIの事業領域に興味を持たれた方は、是非社員の話を聞いてみてください。もし“新規事業”そして“社会課題”といったキーワードにわくわくできるのであれば、楽しめるテーマが揃っているのではないかと思います。同じ志を持って、一緒に働くことができるのを楽しみにしています。

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する