組織・人材育成支援

DIでは、真のリーダー人材の育成のために、企業の幹部候補やイノベーター候補向けに、各種の「経営塾」を提供しています。クライアント企業が直面する経営課題を踏まえ、各社個別にプログラムをカスタマイズし、「意識変革」と「スキル習得」を組み合わせた最適な経営塾を設計致します。国内外の一流講師からビジネスの最前線で活躍する現役のリーダーまで、幅広い講師陣と連携し、変革の実践をご支援しています。


また、近年の人的資本に対する注目の高まりを受け、ISO 30414に準拠した企業の情報開示をご支援しています。


【ISO 30414】

ISO 30414は、国際標準化機構(International Standard Organization)が制定するマネジメントシステム規格の1つで、生産性やダイバーシティなど、人的資本に関する11の領域と58の指標について情報開示のガイドラインを示した国際規格です。


特に近年、国内外の投資家が企業の長期的な価値向上に向けた取り組みを重視し、その際重要となる人的資本の情報公開に注目し始めています。2020年8月には、米証券取引委員会(SEC)が、上場企業の人的資本に関する情報公開を義務化しました。


これを受け、今後、人的資本のマネジメントに関するレポート(Human Capital Report)を開示する米国企業が大幅に増えることが予想されています。欧州では、既にドイツ企業がISO 30414に準拠したHCRを出し始めています。


DIは、投資家や国際社会の要求と、日本独特の労務環境を踏まえ、企業の適切な情報公開をご支援しています。

リーダー育成支援

エグゼクティブ・コーチング

経営者向けのエグゼクティブ・コーチング

数多くの業界と経営者の意思決定に精通したコーチによる経営者受けの経営戦略に関するアドバイス、意思決定のサポートなど

経営塾

経営視座の醸成と全社戦略構築力の育成を目指した役員候補向け人材育成プログラムの実施

  • 経営課題の特定/それに対する経営の視座/打ち手の戦略構築に関する討議のファシリテーシ
  • 総合商社、専門商社、消費財メーカー、エンタテインメント会社、電機メーカー、流通会社、アパレル、産業材メーカーなど
グローバル・リーダーシップ・
プログラム

Harvard Kennedy Schoolと連携した
リーダーシップ育成プログラムの実施

  • リーダーシップ論の潮流/今求められているリーダー像とその要件に関する議論、参加者の直面する課題への立ち向かい方/周囲の巻き込み方に関する議論など
  • 医療機器メーカー、インターネット関連会社、総合商社、政府、素材メーカー、大学、NPO法人、ベンチャー企業、エンタテインメント会社、電力会社、電機メーカー、コンサルタントなど
実践コーチング

実践型コーチングプログラムの実施

  • 各参加者毎の目標/マイルストーンのすり合せ、実践計画の策定、定期的なコーチングセッションの実施とアドバイスなど
  • 総合商社、消費財メーカー、ベンチャー企業、エンタテインメント会社、医療機器メーカーなど

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する