インキュベーション

DIは、世の中を大きく変える国内外のベンチャー及び成長企業に対し、社内外のリソースを活用した投資・育成を行っています。その内容は、資金提供から、成長戦略策定、ビジネス拡大のための仲間づくり、大企業と連携したビジネスエコシステムの構築など、多岐に渡ります。インキュベーションで必要とされる先見性・ネットワーク力・経営力に、戦略コンサルティングで培われる視座やノウハウを融合することで、DIならではの支援が産み出されます。

“ビジネスプロデュース”を基軸に活動するDIならではの特色が、大きく3つ存在します。

1. 大きな“地殻変動”が起きつつある領域にフォーカス

DIのインキュベーションは、業界や地域の枠を超え、世の中を大きく変えていくような領域にフォーカスして進めています。近年は、業種ではデジタルメディアとAI/ロボティクス、地域では日本の他に米国とインドでの投資育成に主に注力しており、そこで築かれるネットワークやノウハウ、成長の萌芽に関する感度やビジネスエコシステムの変化に対するインサイトは、戦略コンサルティングやDI自らの事業経営にも活かされています。

2. 世界の先鋭的インサイトとの深いネットワーク

最先端技術/トレンドの事後的理解ではなく、大きな地殻変動やイノベーションの胎動をいち早く捕捉していくためには、世界の先鋭的な起業家やキャピタリストとの深い信頼に基づくネットワークが欠かせません。DIは、国内だけでなく、イノベーションの震源地としての米国、大きな成長市場としてのインド/アジアなどで、現地の有力ベンチャーキャピタル達と戦略的パートナーシップを結び、共同で有望ベンチャー企業への投資育成を行っています。

3. ビジネスプロデューサーによるハンズオンの経営支援

DIのインキュベーションの最大の価値は、国内外の大企業や政府への戦略コンサルティング実績もあるビジネスプロデューサー達が、ベンチャー企業の成長にコミットし、社内外のリソースを活用したハンズオン支援を行っていくところです。市場やビジネスモデルの可能性を見極めたうえで、成長企業にマジョリティ投資を行い、DIのグループ企業として経営・育成していくケースもあります。

事業投資について

海外の有力ベンチャーキャピタルとも連携しながら、世の中を大きく変える国内外ベンチャー企業への投資育成を行なっています。

投資先情報

主にシード・アーリー及びIPO前のグロースステージを対象としたファンドを運用しています。資金投資のみならず、経営資源をワンストップで提供し、投資先企業の事業成長を伴走支援致します。

DIMENSION Webサイト

投資育成に携わったベンチャー企業は、これまでに28社が上場を果たし、うち8社は東証一部に昇格、1社が米国Nasdaqに上場しています。

  • 投資育成先

    170社

  • 上場社数

    28社

  • 投資国数

    8ヶ国

2019年9月末時点

IPO実績

ユーザー体験の改善を目的にCookieを使用します。詳細につきましては、こちらをご参照ください。

同意する