企業情報
マネジャー紹介

English 印刷する
English

国内

 

シニアマネジャー 大上 真司

慶應義塾大学商学部卒業後、DIに参加。
DIでは入社以来、主に大企業を担当し、食品、消費財、流通、通信、金融、製造業等の幅広い業界に対し、営業/マーケティング、事業再生、新規事業/事業性評価、組織をテーマとしたコンサルティング及び実行支援に取組む他、環境・エネルギー分野での産業プロデュースに従事。

シニアマネジャー 鈴木 一矢

鈴木 一矢

慶應義塾大学総合政策学部卒業。ノースウェスタン大学ケロッグスクール経営学修士(MBA)。 ソニー株式会社、ブーズ・アンド・カンパニーを経て、DIに参加。ソニーでは、マイクロディスプレイデバイスの海外営業・事業開発などの業務に従事。ブーズ・アンド・カンパニーでは、化学(素材)、金属、情報通信、総合商社等のクライアントを中心に、成長戦略、新規事業戦略等の策定およびその実行を支援。 DIでは、ハイテク、環境エネルギー、ヘルスケア等の技術系プロジェクトを中心に、海外事業展開支援、新規事業立上げ支援等に従事。

シニアマネジャー 野邊 義博

東京工業大学大学院経営工学専攻修了後、DIに参加。
DIでは、素材/材料、インフラ、電機、環境・エネルギーといった技術分野を中心に、
中期経営計画や新規事業戦略の策定に取り組むと共に、国際標準化の検討や技術実証計画策定といった産業プロデュース・政策連携活動にも従事。また、総合商社、消費財等の業界に対しても、各種戦略策定プロジェクトに従事。

シニアマネジャー 田代 雅明

田代 雅明

東京工業大学工学部社会工学科卒業。同大学院社会理工学研究科社会工学専攻修了後、DIに参加。DIでは、化学、エレクトロニクス、エンタメ、IT、総合商社等の分野において、中期経営計画や海外展開戦略、新規事業戦略の策定に携わると共に、各種技術の事業性評価のプロジェクトを多数経験。また、国や複数の大企業と連携して社会的課題の解決を図る「産業プロデュース」の分野では、環境・エネルギー、農林水産を中心に、ビジョン策定から個別戦略立案、技術実証の計画策定/マネジメント等の実行支援まで、各プロセスの支援に従事。また、約3年半に渡りDIベトナムに常駐しており、ベトナムをはじめとした東南アジアにおける日系企業の進出戦略策定や市場調査に携わると共に、ベトナム企業/地方政府に対するコンサルティングや日系企業/政府とも連携した「産業プロデュース」活動も経験。

シニアマネジャー 田上 和宏

田上 和宏

京都大学経済学部経営学科卒業。日本電信電話(株)、西日本電信電話(株)、(株)NTTドコモ、PEファンドを経て、DIに参加。日本電信電話(株)・西日本電信電話(株)では、NTT再編成に係る組織再編・要員計画に従事 。(株)NTTドコモでは、財務部にて予算管理・決算に従事、またiモード及びおサイフケータイに関わるJV設立等の出資・提携業務に従事。PEファンドでは、事業再生ファンドの運営、及び投資先の常勤取締役としてハンズオン型の経営再建に従事。DIでは、消費財メーカーの流通戦略及び顧客拡大戦略の構築、情報通信企業のM&A戦略及びコンテンツ戦略の構築等に従事。ベンチャー企業のインキュベーションも多数経験

シニアマネジャー(Business Development担当) 大野 秀晃

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。ゴールドマン・サックスを経て、DIに参加。
ゴールドマン・サックスでは、香港・東京オフィスで各3年間、人事業務全般に従事。主に汎アジア証券部門の人事戦略構築と執行を担当。
DIではクロスボーダー/グローバル案件に従事。国内外ベンチャーの投資判断及び投資先の戦略策定と成長支援といった投資・インキュベーション活動から、日系メーカーの海外R&D拠点設立実行支援といったコンサルティングまで、国や会社の境界を越えたビジネスプロデュースを得意とする。加えて、デジタルメディア/エンタメ/ロボティクス/AIの領域におけるDI自身の次世代事業創出を担当。
座右の銘はLife is one time journey。

↑ページTOPへ

マネジャー 遠山 みず穂

遠山 みず穂

京都大学理学部卒業。同大学院生命科学研究科修了(生命科学修士)後、独立行政法人科学技術振興機構(JST)を経てDIに参加。
科学技術振興機構では、科学技術イノベーションの支援を中心とし、研究費ファンディングの制度設計・プロジェクトマネジメントに従事したのち、科学技術政策シンクタンク部門において、海外科学技術政策・技術動向調査に従事。DIでは、医療、エネルギー、通信、材料、消費財、自動車等、大企業クライアントの新規事業戦略構築を中心に従事。また、産業プロデュース分野では、医療やエネルギー、まちづくりなどでの政策提言やビジネスモデルの構築を行う。

マネジャー 岩本 真行

岩本 真行

京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科数学・数理解析専攻修了。
経済産業省を経て、DIに参加。経済産業省では、通商白書の策定や外為法関連法令の改正に従事するほか、内閣府に出向し景気対策や政府経済見通しの策定に従事。DIでは、機器メーカーや自動車メーカー、通信キャリア、不動産会社、投資ファンドなどの大手企業に対し、新規技術の事業性評価、新規事業立案支援、営業改革、ビジネスデューデリジェンス等のプロジェクトに従事するほか、産業プロデュース分野でのマルチクライアントプロジェクトにも注力。

マネジャー 江藤 宗彦

慶応義塾大学経済学部卒業。国際協力銀行、PwCアドバイザリー株式会社、富士通総研経済研究所等を経て、DIに参加。
国際協力銀行では、アジアのエネルギー・電力プロジェクトの案件組成・融資・監理業務に従事。ソブリンリスク審査業務担当。PwCアドバイザリーでは、国内外の上下水道・空港・道路等のプロジェクトファイナンスや病院ファイナンス業務に従事。富士通総研経済研究所では、医療ベンチャーの立上げ・運営、医療分野での政策提言、富士通のヘルスケアビジネス戦略立案・実行支援に従事。
DIでは、エネルギー、エレクトロ二クス、金融、医薬、医療機器、福祉・介護、まちづくりなどの分野における事業戦略策定・実行支援等に従事した後、近年は、インド・東南アジアを中心に日系企業の進出戦略策定や市場調査を手掛ける。
現在は、DIのインド事業の責任者として、インドの有力VCとの連携によるインドのスタートアップ企業投資を多数実施。

マネジャー 南津 和広

東京大学法学部卒業。カリフォルニア大学バークレー校公共政策学修士(MPP)。国土交通省を経て、DIに参加。
国土交通省では、重点政策の統括や政府の地域活性化戦略の策定に参画したほか、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化、建築物の省エネルギー化の推進等、各種施策の企画・立案・法制化等に従事。
DIでは、製造業、消費財、エネルギー、医療・介護、金融、通信、総合商社等の幅広い分野のクライアントに対して成長戦略策定、新規事業開発、経営幹部育成、政策連携等の支援を行う。

マネジャー 原田 悠

原田悠

早稲田大学理工学部卒業、同大学院先進理工学研究科ナノ理工学専攻修了。
DIでは、製造業(自動車、医療機器、産業機器)を中心に、新規事業のコンセプト設計から、戦略立案、関連プレイヤーを巻き込んだ事業スキームづくりまで含んだ包括的な支援を実施。産業プロデュース分野では、政策と連携した、日本の新たな成長産業構築に向けたプロジェクトに従事。
また、グループ会社においては、倉庫管理システム・基幹系システム・商品情報/価値診断システム等のシステム構築に関して、要件定義から開発マネジメント、導入まで一貫して指揮。

マネジャー 川上 孝弘

東京大学経済学部経済学科卒業。アクセンチュア株式会社を経て、DIに参加。
アクセンチュアでは、戦略コンサルティング部門に所属し、主に金融分野の大企業に対する中期経営戦略の策定、業務プロセス改革等に従事。
DIでは、機器メーカー、IT、商社、素材メーカー、小売、消費財等のクライアントに対し、主に新規事業立案・実行支援に従事。また、約1年にわたりDI子会社のアイペットに出向し、Webマーケティング高度化、新コールセンター立ち上げ、バックオフィス業務の効率化、新メディア立ち上げ等に従事。

 

企業財務ソリューショングループ マネジャー 松井 克成

慶應義塾大学法学部法律学科卒業 米国公認会計士
米国アフラック日本支社、SBIインベストメント(旧ソフトバンク・インベストメント)株式会社を経てDIに参加。米国アフラック日本支社では、アンダーライティング、米国決算・財務分析、業務改革プロジェクト、新商品プロジェクトなどに従事。SBIインベストメントでは、主に新興国の海外現地パートナーとの合弁投資ファンド事業の立ち上げ・運用、クロスボーダー投資案件(情報通信・環境・ヘルスケア・金融サービス業界)のソーシング・デューデリジェンス、投資先企業と海外大手事業会社との事業提携支援や、海外上場支援などに携わる。DIでは、企業財務ソリューション本部にてクロスボーダーM&AなどのFA業務を担当。

組織・人材プラクティス・グループ マネジャー 保坂 駿介

保坂 駿介

慶應義塾大学法学部卒業 フロリダ州立大学国際関係論修士
認定エグゼクティブコーチ
国際協力銀行、エグゼクティブサーチファームを経て、DIに参加。国際協力銀行では、アジアや中東地域におけるインフラプロジェクトに対する融資や途上国政府向け債権のリストラに従事した後、ワシントン駐在員を経て経営企画業務に従事。エグゼクティブサーチファームでは、商社、メーカー、金融等の分野の業務に従事。DIでは、環境エネルギー、商社、自動車、機械、金融等の分野における大企業の海外事業展開支援、海外企業とのアライアンス構築支援、新規事業の立ち上げ、マーケティング戦略の構築等に携わると共に、グローバル・リーダーの育成、海外経営の現地化を支援する。

 

↑ページTOPへ

海外

 

Director, Dream Incubator Vietnam Joint Stock Company 宮内 慎

宮内 慎

東京大学経済学部卒業。ニューヨーク大学スターン校経営学修士(MBA)。
双日株式会社を経て、DIに参加。双日では、ASEAN・旧ソ連諸国向け各種製品のトレーディング/マーケティング業務、日本国内における各種消費財の マーケティング・SCM構築業務に従事。DI東京本社では、主に大企業に対する新規事業・成長戦略の構築、中長期ビジョン策定、海外展開戦略構築・実行支 援、官公庁および複数企業と連携し、日本の次世代産業創出を企図する産業プロデュース活動に加え、エンタメ・コンテンツ分野におけるDI自身の次世代事業 創出案件等に従事。現在の駐在先であるDIベトナムでは、農業・フードバリューチェーン分野での日越官民連携によるビジネスプロデュースを中心に、ベトナム政府および日越大企業向け戦略コンサルティング、M&Aアドバイザリー、DI自身 の投資機会発掘・アジア事業拡大戦略立案等、幅広い業務に従事。

得爱(上海)企业管理咨询有限公司 董事兼総経理 板谷 俊輔

板谷 俊輔

東京大学工学部卒業、同大学院新領域創成科学研究科修了後、DIに参画。北京大学外資企業EMBA。
エンタメ・デジタルメディア・消費財分野を中心に、大企業に対する全社改革(営業・マーケ改革、商品ポートフォリオ再構築、生産・購買コスト削減、組織改革、海外戦略見直し、等)から、ベンチャー企業に対するIPO支援(事業計画策定、経営インフラ整備、常駐での営業部門立ち上げ、等)まで従事。現在は、DI上海に董事総経理として駐在し、現地政府・パートナーと連携しながら、日系大企業へのコンサルティングと中国・アジア企業への投資・事業育成を行う。JBpressへの連載として「中国市場「7つの真実」」。

得爱(上海)企业管理咨询有限公司 高級創業経理 小川 貴史

小川 貴史

東京大学工学部卒業後、DIに参加。主に、新規事業の戦略策定およびその実行支援に従事。 製造業(自動車/重工/素材)を中心に、IT、商社、エネルギー、医療、エンターテイメント等のクライアントに対し、構想策定(価値創造と提供における新 たな仕組みのデザイン)から、事業モデル/製品/サービスの具体化、組織/運営の仕組みづくり(実現性を担保したヒト・モノ・カネのプロデュース)、試験 /実証的な導入まで、一気通貫の支援を行っている。複数企業による分野横断的な連携や、官民の連携を伴うプロジェクトへの参画多数。現在は、DI上海常駐。

 

DI Marketing Co.,Ltd. 代表取締役社長 加藤 秀行

加藤 秀行

東京大学経済学部卒業後、DIに参加。DIでは、大企業分野でインターネット、モバイル、消費財等のクライアントを中心に、主に新規事業戦略立案・実行、海 外事業戦略立案・実行に従事。一方、ベンチャー分野では、インターネット、モバイル等のクライアントに対し事業計画立案、新規事業戦略立案・実行に従事。 DI子会社のDIマーケティングを設立し、ベトナムでデジタルマーケティング・リサーチ事業を展開。

 

 

←海外TOPへ
↑国内TOPへ