採用情報
卒業生からのメッセージ

印刷する
English

SmartNews, Inc. 取締役Chief Strategy Officer
任 宜さん
東京大学工学部化学生命工学科、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修了(工学修士)後、2009年~2011年末までDIに在籍。
DIでは、大企業向けに新規事業戦略立案、新製品の市場性評価および販売戦略立案等に従事。また、官公庁のグローバル調査、中国進出における市場調査、新規事業支援なども担当し、2010年にはDI中国オフィスへ創業経理として赴任。2012年よりDeNAに勤務し、2014年2月DeNA中国CEOに就任。その後、2019年5月よりSmartNews社に入社し、取締役Chief Strategy Officerに就任。


ビジネスプロデューサーが日本と世界の未来を変える

今、日本では格差が広がっていると騒がれています。でも実は国レベルで見ていくと、18世紀に起きた産業革命以降広がり続けた国と国の1人あたり生産力は、情報革命による情報格差の縮小とともに縮み始めています。つまり、世界のバランスは18世紀のそれにもどりつつあるのです。ではGDPから見て、どこが新たな、いや昔の世界の中心だったのでしょうか。それは産業革命がイギリスで起こるまでの間、数千年間ずっと中国でした。DeNAでは、そんな中国において、日本のコンテンツの強みを梃に、「中国で初めて成功した海外のIT企業」を目指して約8年間、邁進してきました。

実際に、私が赴任したばかりの中国はまだモバイルインターネットは2G回線がメインで、とてもリッチなコンテンツを見れる状況ではなく、各種モバイルインターネットサービスは黎明期でした。しかし、今や皆さんご存知の通り、モバイルゲーム市場で世界最大市場になったのを手始めに、QRコードによるキャッシュレス決済やwe chatを中心とした最先端のエコシステム、そしてAI活用による画像認識技術の応用、その結果として、アメリカを抜いて世界最多のユニコーンのいる国となりました。

そして、中国の成長の間、急激なグローバル化によって先進国も大きく変わりました。競争力のある産業の世界展開が急進する一方で、コモディティになってしまった仕事が世界での競争に晒され、結果先進国ないにおける格差は拡大、そしてその不満がアメリカの大統領選やブレグジット、そして米中の覇権争いなどの大きな変動に繋がっています。これらは全て10年以内に起きたことです。
そんな世界情勢の中、日本は今非常に危機的状況にあります。一方で見方を変えれば、米中の間に位置する地政学的なポジションや全ての国がいずれ直面する高齢化などの課題先進国としての側面など、チャンスもまた無数にあります。それでは、なぜここ数十年の日本はそれらを活かせなかったのか?
様々な理由が考えられますが、根源をたどれば一重に「ビジネスプロデューサー」の用件を満たすグローバル人材が足りないからだと私は考えます。そのことを実際にDeNA Chinaをほぼゼロから現在の500人を越える会社まで立ち上げる過程で身に沁みて感じました。

私は2009年4月に新卒としてDIに入社しました。当時のDIは戦略コンサルティングとベンチャー育成というビジネスモデルから、 産業プロデュース、自らのグループ事業経営、M&Aアドバイザリー、そしてアジアへの拡大という現在のコアとなるコンセプトに生まれ変わろうとしているタイミングでした。その中で、私は大企業コンサルティングプロジェクトからスタートし、官民両方を巻き込んだ産業プロデュースプロジェクト、そしてその事業を推進するためのDI中国の立ち上げを経験することができました。
今思えば、「世界レベル×産業レベルの視座を持って戦略を考えること」を産業プロデュースから、「事業をゼロから立ち上げるという経験」をDI中国の立ち上げから、「一つ一つの重要なissueの解決方法」を大企業コンサルティングから学ぶことができ、他の会社では得られない幅広い経験をさせてもらえました。それが私がDeNA Chinaを今日まで育てられた大きな一因であり、今の私の仕事を根底から支えていることは間違いございません。

この変化の激しい時代、単純に定点観測的に戦略を考えてもワークしません。自ら動いてPDCAをまわしつつ、ダイナミックに戦略を変えながら事業をドライブできる人材が求められています。その点、DIの掲げる 「ビジネスプロデューサー」というコンセプトは、非常に現在の世の中のニーズをとらえており、この変化が激しい世の中でことをなす為に必須のコンセプトだと思います。「視座の高さ」×「戦略を考える思考力」×「自らPDCAをまわして事業を作って行くドライブ力」をバランスよく持った人材が今、世界中で、とりわけ日本で必要とされています。ぜひ多くの将来有望な若者に、「ビジネスプロデューサー」になってもらい、将来の日本、そして世界を支えていただきたい。僭越ながら、その先駆けとして、私自らが道を切り開ければと思っております。私自身の次のチャレンジは日本発のグローバルプラットフォームの創出。世界で会いましょう。

戻る