ニュース
2017年

印刷する
English

 


東京大学法科大学院にて執行役員の宮宗が講義を行いました

執行役員の宮宗が、2017年10月24日(火)、東京大学法科大学院 淵邊善彦教授(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)による「上級商法(閉鎖会社)」の講義にゲスト講師として招かれ、講義を行いました。

宮宗からは「ベンチャーの経営支援」をテーマに、ドリームインキュベータのベンチャーインキュベーションの知見をもとに、現場のリアルな話や、伸びるベンチャーの共通点等についてお話させていただきました。

当日の授業風景

 

執行役員 宮宗 孝光

宮宗 孝光

東京工業大学 大学院卒業、無機材料工学修士(飛び級)。シャープ株式会社、システム会社を経てDIに参加。シャープでは、DVD用赤色半導体レーザの技術責任者として新規デバイスの開発・量産化に従事。DIでは、製造・エネルギー・商社・通信・金融・エンタメ業界などの大企業に対して、全社戦略・成長戦略の策定、新規事業の立案・立ち上げ、技術の事業化、幹部人材育成、M&A・資本業務提携の立案~実現まで、企業の「成長・変革」支援に注力。
ベンチャーに対しては、成長戦略の立案、資本業務提携などの支援を創業経営者に行い、3社の上場、2社の東証一部上場企業へのMBOに貢献。直近の上場支援先はマイネット(3928)。支援先ベンチャー、トライオン(株)の社外取締役を兼任。

DIのインキュベーション事業について
DIの主な投資先情報

 


【本件に関するお問合せ】 堀場 TEL:03-5532-3200