ニュース
2017年

印刷する
English

2017年7月14日

執行役員・三宅孝之のインタビュー記事がBizコンパスに掲載

執行役員・三宅孝之のインタビュー記事が、経営に携わるビジネスリーダー向Webマガジン「Bizコンパス」に掲載されました。

本記事では、三宅孝之と島崎崇の近著 『3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュ―ス」成功への道』をもとに、ビジネスプロデュースを成功させるポイントについて解説しています。

▶ 記事は以下リンクからご覧下さい ※ 全文閲覧にはBizコンパスの会員登録が必要です(登録無料)
日本企業に求められる事業創造への新たな視点「3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュ―スとは」


<関連情報>

執行役員 三宅 孝之

三宅 孝之

京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了(工学修士)。経済産業省、A.T. カーニー株式会社を経てDIに参加。経済産業省では、ベンチャービジネスの制度設計、国際エネルギー政策立案に深く関わった他、情報通信、貿易、環境リサイクル、エネルギー、消費者取引、技術政策など幅広い政策立案の省内統括、法令策定に従事。DIでは、環境エネルギー、まちづくり、ライフサイエンスなどを始めとする様々な新しいフィールドの戦略策定及びビジネスプロデュースを実施。また、個別プロジェクトにおいても、メーカー、医療、IT、金融、エンタメ、流通小売など幅広いクライアントに対して、新規事業立案・実行支援、マーケティング戦略、マネジメント体制構築など成長を主とするテーマに関わっている。東洋経済オンライン「ビジネスプロデューサー列伝」シリーズのインタビュアーも務める。著作に、『3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュース戦略』 、『3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュ―ス」成功への道』(PHP研究所)がある。