IR情報
IRニュース

印刷する
English

 

2017年9月27日

嗅覚のデジタル化を実現、小型ガスセンサーを開発するC2Senseに
 The Engine(MIT初のベンチャーファンド)等と計$3.2Mの共同出資
~ 米IoT領域への投資を加速

株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、MITのスピンオフベンチャーであるC2Senseに、The Engine($200Mを運用するMIT初のベンチャーファンド)等と共に計$3.2Mの共同出資を行ったことをお知らせします。

C2Senseは小型ガスセンサーを開発・販売するベンチャー企業です。世の中には多くのガスセンサーが存在しますが、これまで“匂い”をリアルタイムで分析し、IoTでの活用を可能にする効果的なソリューションはありませんでした。C2Senseは、世界で初めてIoTに対応した嗅覚デジタル化プラットフォームを提供しています。C2Senseの小型ガスセンサーを用いることで、誰でも、どこでも、いつでも、安価かつ高精度で、匂いデータを取得可能になります。C2Senseは、既に食料品、農業、作業安全等の分野で活用を進めており、今後あらゆる分野で匂いのデジタル化を進めていきます。

DIは、C2Senseに対し、日本展開支援等のインキュベーション活動を行っていきます。

詳細はこちらの公式プレスリリース(和訳)をご覧下さい

■共同投資家:   The Engine https://www.engine.xyz/

2016年10月に組成された$200Mを運用するMIT初のベンチャーファンド。
世界を変革するアーリーテクノロジーベンチャーを中心に投資を行う

 

■C2Sense 社について   http://www.c2sense.com/

IoTに対応した嗅覚のデジタル化プラットフォームを提供。C2Sesneが提供する安価な小型ガスセンサーを用いることで、あらゆる場所で、リアルタイムの”匂い” データを取得でき、遠隔からモニタリング可能。
MITで30年に渡ってセンサー技術研究開発を行うTim Swagerラボからのスピンオフ。

 

■株式会社ドリームインキュベータ(DI)について (http://www.dreamincubator.co.jp/)

戦略コンサルティングやビジネスプロデュース支援サービス等のプロフェッショナル・サービス 及び、グループ会社への事業投資、ベンチャー企業への営業投資を通じて、新たな事業や産業 の創造・成長支援を行う「The Business Producing Company」。

DIのインキュベーション事業について
DIの主な投資先情報


【本リリースのPDF】

【本件に関する問合せ先】
株式会社ドリームインキュベータ
大野秀晃、中野裕士 /(広報)堀場利穂
TEL: 03–5532–3200 / info@dreamincubator.co.jp